天見不動へ


岩湧山系の支谷の一つ、砥石谷(昔、本当に砥石がとれたとか〜)の林道を辿り、ボ谷から紀見峠へとあるいて来ました。 途中、葛城二十八宿の第17番の経塚(天見不動)の前で、上を見上げるとこんな感じ…。梢と梢が風に揺られてぶつかり合い、ギーギーと時折音をたてます。 人が通ることはあまりなく、ほぼ静寂の中に響く甲高い音は、この世とあの世を隔てるもののようにも感じられ、とてもスピリチュアルな印象を持っています。 これが、私のOSAKA Symphonetteの第1楽章の第二ヴァイオリンとヴィオラの不協和音になったのでした。 今年二度目の、天見不動への参詣でした。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2013 by Music Assist  All rights reserved.

  • w-facebook